INDEX Page >  >  > ビタミンB12

ビタミンB12

ビタミンB12 びたみんびーじゅうに Vitamin B12

ビタミンB12は、悪性貧血・動脈硬化の予防、腰痛や肩こりの緩和、精神を安定させ集中力や記憶力を向上、さらに、不眠症の緩和などの効果が知られていますが、特に、精神の安定や造血に不可欠な栄養素です。ビタミンB12はビタミンB群に分類される深紅色をした水溶性ビタミンで、一日の必要量は極めて少なく体内での備蓄量もミリグラム単位ですが、一般には欠乏の心配はないと言われています。

造血と肝機能維持に不可欠:

ビタミンB12は葉酸と協働して赤血球の生成、さらに、ビタミンB12・葉酸・ビタミンB6ではホモシステインの抑制に、いずれも補酵素として働いています。
赤血球の中の核酸(DNA)の合成には葉酸が働いているのですが、ビタミンB12が葉酸を助けることで、正確な造血が維持されます。いずれかが欠けると悪性貧血といわれる巨赤芽球性貧血や、赤血球の減少となります。
ビタミンB12は、葉酸とビタミンB6と共に肝臓の働きを助けています。これらが不足するとホモシステインが増加し、動脈硬化を招くことにつながります。

※ 注)
  1. 悪性貧血:鉄分不足でおこる貧血と区別して、ビタミンB12、葉酸の不足でおこるものは、悪性貧血と呼びます。
  2. ホモシステイン:肝臓の働きを助けるメチオニンが代謝される際に一時的にホモシステインが生成されます。通常ならビタミンB6・B12・葉酸の働きでもとのメチオニン、あるいはシステインへと変換されるのですが、これらが不足するとホモシステインの量がが増大し、血中のホモシステイン濃度も上昇してしまいます。

ビタミンB12には胃から分必される成分が必要:

悪性貧血の抑制にビタミンB12は働いていますが、それには胃液中に含まれる成分(内因子と呼ばれる)も必要。このため、胃の切除や胃炎などによる粘膜異常や、高齢者での胃粘膜の低下により内因子が得られなくなると、抗悪性貧血の作用が低下してしまいます。また、植物性食品にはビタミンB12がほとんど含まれていないため、厳格な菜食主義者はビタミンB12の摂取そのものに注意する必要があります。

神経の修復:

脳の中と脳の外側のほとんどの神経線維は、ミエリンと呼ばれるリン脂質でできた何層もの組織に包まれています。この組織層が髄鞘(ずいしょう)を形成しています。髄鞘が電線を包む絶縁体のような役割をしてくれるために、電気信号(電気インパルス)は神経線維に沿って速く正確に伝わります。しかし絶縁体の役目をもつ髄鞘は活性酸素などの影響で破壊されることがあり、この状態では信号を十分に伝えることができなくなります。
破壊されたリン脂質は、ビタミンB12の働きで、新たに生成されて、神経細胞が補修されます。葉酸が不足するとリン脂質の修復が遅れ、さまざまな神経伝達障害が発生してしまいます。そのままだと信号の伝達が不十分となり、最悪痴呆症や、うつ病を招く可能性もあるそうです。

ビタミンB12の 【おもな働き】

*
ビタミンB12は、造血・DNA合成に不可欠
  • 葉酸と協働して赤血球や核酸の合成に働く
ホモシステインからメチオニンの転移に不可欠(タンパク合成)
  • ホモシステインを減らす作用
    *ホモシステインは血中のコレステロールが酸化されて作られる物質。動脈硬化を引き起こしたり虚血性の心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす
    *ホモシステインは血管内皮細胞や血液凝固因子に影響している
  • この作用は葉酸、ビタミンB6と協働している
神経細胞の働きを維持
  • 精神の安定に不可欠。神経障害や睡眠障害、ガン・アルツハイマー病と関係も指摘されている
不足したときの症状
ビタミンB12は造血作用・過酸化脂質の抑制に不可欠、動脈硬化やガンなどの予防にも効果。
*極少量。野菜には殆ど含まれていない。ヒトには3~5年分が肝臓に蓄積されている。

ビタミンB12の【効果】

医薬のページから Web情報

ビタミンB群心筋梗塞抑制・厚労省研究班が調査

レバーやホウレンソウなどを普段の食事で食べ、ビタミンB群(B6、B12、葉酸)を多く摂取する人はあまり摂取しない人に比べて心筋梗塞(こうそく)になるリスクが37—48%低くなるとの疫学調査結果。
※ サプリメントは対象外
http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2008052703220h1
クリニック・サプリメント関係の効果説明 Web情報

一度使われた葉酸を元に戻す働きがある

体内での働き

  • 代謝の早い細胞の血球、消化管上皮細胞、神経系に重要
  • 糖質、脂質、蛋白質の代謝を促す
  • 糖質の脂質への転換を促す
  • 遺伝情報を伝えるDNA、RNAの合成、蛋白質の合成を助ける
  • 赤血球、白血球の生成に働き、悪性貧血を防ぐ
  • リン脂質合成に働く
  • 神経鞘のミエリン脂質を形成
  • 食物中の葉酸結合物から葉酸を離し、移動と貯蓄を助ける
  • 鉄やビタミンB5の働きを助け、葉酸の再利用やコリン生成を助ける
  • β-カロチンの吸収とビタミンAへの転換
  • ビタミンAの組織への配置を助ける
  • 組織の成長と修復
  • 骨髄の正常な機能に関与する
  • 睡眠と覚醒リズムに関与する
  • 精子形成に関与する
以下は別会社サイトでの記載内容

このビタミンは赤血球の産生にとって欠かせません:

貧血、食欲不振、子供の成長期、過度の疲労、感覚の鈍り、精神力の減退などにも有効です。ベジタリアンはしばしばこの重要なビタミンの欠乏に陥りがちです。
  • 赤血球を形成、再生し、貧血を防ぐ。
  • 成長を促進し、子供の食欲を増進させる。
  • エネルギーを増大させる。
  • 神経系の健康を維持する。
  • 脂肪、炭水化物、タンパク質が適切に使われるようにする。
  • 集中力、記憶力を高め、精神を安定させる。
一般ページの効果説明 Web情報

ベータカロチンの吸収とビタミンAへの転換を助けている。

神経組織の正常な代謝に不可欠。

知能や運動神経の発達に深く関わっている。

他のB群と同じように脂質やたんぱく質、糖質の代謝に関わってる。

不足すると ...

悪性の貧血「巨赤芽球性貧血」を起こす。動悸、息切れ、めまい、神経や精神的な障害など。 ... そのほか脳障害、言語障害、集中力の低下。関節炎、頭痛、舌炎などのほか、性欲減退、食欲不振なども起こる。
以下はサイトでの記載内容

ビタミンB12とは?

ビタミンB12は、ヒドロキソコバラミン(OH-B12)、アデノシルコバラミン(Ado-B12)、メチルコバラミン(MeB12)、シアノコバラミン(CN-B12)などの総称で、抗悪性貧血因子として牛の肝臓中に発見されたビタミン。コバルトを含む赤色の水溶性のビタミンで、微生物以外では合成されないため、植物性食品にはほとんど含まれない。
以下はサイトでの記載内容

ベジタリアン情報ページ:ビタミンB12

  • 乳、卵なども摂らない純菜食者は、一日に海苔全版1~3枚、または酵母(ビール酵母など)2匙、もしくはビタミンB12サプリメントを摂る。
  • 乳や卵などを摂るベジタリアンは全く問題ない。

ベジタリアン情報ページ:ビタミンB12の摂り方

  • ビタミンB12は植物には存在せず、純菜食者は摂取できないと言われてきた(大豆発酵食品やスピルリナなど藍藻類に含まれるビタミンB12は、効力のある活性型B12でなく、不活性のビタミンB12類似体)。
  • 海苔(日本で普通に食べられているもの)に活性型ビタミンB12が含まれるとの研究発表がある。
  • 乳、卵なども摂らない純菜食者が海苔(四万十ノリ、またはあまのり類のスサビノリ=浅草海苔)だけで摂る場合は一日に海苔全版1~3枚(味付け海苔など一口大のものでは8~24枚)が必要。(一日所要量2.4μgを海苔全版4g中で摂る場合)
  • 酵母にもビタミンB12は多く含まれている。酵母(ビール酵母など)では一日大さじ2杯でOK。乳、卵を摂っていれば全く問題ない。

ビタミンB12の【性質】

  • 水溶性
  • 熱や酸、アルカリに不安定
  • 赤色
  • 光に弱い

ビタミンB12の【摂取】

  • ビタミンCや葉酸と一緒に摂取すると効果的。
  • 鉄、カルシウムが欠乏すると吸収が減少する。
  • 平成16年の国民健康・栄養調査では、男性は平均7.6μg、女性は平均6.4μgであり、男女とも必要量を充たしています。

ビタミンB12を過剰に摂取した場合

  • 過剰摂取しても毒性はないとされています。

ビタミンB12の不足

  • 悪性貧血(立ちくらみ、胃腸障害、頭痛、倦怠感)、イライラや、憂うつ感、神経のピリピリ感、メチルマロン尿症、ホモシステイン尿症、神経障害、感覚異常、記憶障害、うつ病、慢性疲労、運動時の動悸や息切などを起こすことがあります。

ビタミンB12を含む主な食品

  • レバー
  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 牛乳
  • チーズ
  • 魚介類

備考

  • 葉酸:もともとは、サルの貧血を改善する栄養素として発見された為に、Monkey(モンキー)の頭文字をとって、ビタミンMと呼ばれていました。の後、野菜などの葉部に多く含まれる事がわかり、「葉酸」と呼ばれるようになりました。
  • 神経管閉鎖障害:神経管閉鎖障害は、赤ちゃんの中枢神経系の元(神経管)が上手く作れない症状です。このうち、神経管の下部に問題があると、「二分脊椎」と呼ばれ、歩けなくなったり、膀胱や直腸が機能しなくなる事があります。又、神経管の上部で問題が起きると脳が上手く作られず、「無脳症」とよばれ流産や死産の割合が高くなります。これらの、症状は積極的な葉酸の摂取で、70%近くも発症のリスクを低減できると言われています。
  • 参考情報:
    日本ビタミン学会 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/vsojkn/gen-vit028.htm
    葉酸とアルツハイマー:http://www.hgc-ncl.com/bbp06.php?itemid=60

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:  http://eiyou.hontonano.jp/mt/mt-tb.cgi/30

コメントする(コメント入力フォーム)

release: February 3, 2008
update: August 8, 2008

Key words :

同様の効果がある他の栄養成分を見つけることができます
食品の栄養成分 基礎知識 カテゴリ
  • [16]
    • [13]
    • [1]
    • [2]
    • [1]
    • [2]
  • [2]
  • [3]
    • [1]
    • [1]
  • [2]
    • [2]
  • [13]
    • [9]
    • [4]
    • [1]
  • [5]
  • [1]
  • [1]
    • [1]
  • [10]
  • [20]
 
 

メタボの栄養 基礎知識2008