葉酸

葉酸 ようさん folic acid

葉酸はビタミンB群の仲間で、乳酸菌の増殖因子としてホウレンソウの葉から発見されました。葉酸はDNAの生成・修正に大きく関与し、細胞の生成に不可欠な栄養素です。DNAの合成や細胞分裂、ビタミンB12と協力して赤血球の生成、ホモシステインの抑制、動脈硬化の抑制、などに補酵素として働いています。特に成長期の子供や妊婦のように、成長や細胞分裂が盛んなときには特に必要とされる栄養素です。大量に摂取すると痛風にも効果。

葉酸が足りないと、正しい細胞の生成ができなくなる:
正しい細胞分裂を維持、究極の抗酸化物質?

DNAは遺伝情報を保持し、遺伝情報どおりに細胞を生成するよう指令を出す働きがありますが、葉酸はこのDNAの生成に補酵素として働いています。さらに、細胞が新しく生成される(細胞分化)ときに、活性酸素などの影響でDNAのミスコピーが出来てしまうことがあり、このミスコピーは分解されて再びコピーをやり直すのですが、このときも葉酸が働きます。葉酸が不足していると、ミスコピーのDNAで細胞がつくられることになり、これによる障害は、新陳代謝のサイクルが早いところから現れ、血液では巨大な赤血球を作って悪性貧血となり、腸の粘膜では潰瘍を招き、口の粘膜では口内炎となります。
また、このようなDNA損傷による深刻な影響としては、細胞の癌化です。DNAの損傷で生じる癌には、子宮癌(とりわけ子宮頸癌)、喉頭癌、肺癌、結腸癌、直腸癌などがあり、葉酸はこれらの治療に効果が認められています。

造血には、葉酸が必要不可欠:

葉酸はビタミンB12と協力して、赤血球の生成に深くかかわってます。葉酸は赤血球内の核酸(DNA)の合成に、ビタミンB12は葉酸の働きを助ける補酵素の役割、鉄分が有ってもいずれかが欠けていると赤血球は上手くつくられません。葉酸の不足は赤血球の減少となるか、ミスコピーDNAによる巨赤芽球性貧血(悪性貧血注1と言い、巨大な赤血球で酸素運搬能力が低い)となります。

※ 注)
  1. 悪性貧血:鉄分不足でおこる貧血と区別して、ビタミンB12と葉酸の不足でおこる貧血を、悪性貧血と呼びます

葉酸はホモシステインを抑制することで動脈硬化を予防:

葉酸が不足すると、肝臓で作られるアミノ酸の一種ホモシステイン注2という物質が増えます。ホモシステインの増加は、新生児では神経管閉鎖障害として現れ、一般には動脈硬化を招きます。このようにホモシステインは脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こす物質です。

※ 注)
  1. ホモシステイン:肝臓の働きを助けるメチオニンが代謝される際に一時的にホモシステインが生成されます。通常ならビタミンB6・B12・葉酸の働きでもとのメチオニン、あるいはシステインへと変換されるのですが、これらが不足するとホモシステインの量がが増大し、血中のホモシステイン濃度も上昇してしまいます。

神経細胞の働きを維持、アルツハイマー改善の報告も:

脳の中と脳の外側のほとんどの神経線維は、ミエリンと呼ばれるリン脂質でできた何層もの組織に包まれています。この組織層が髄鞘(ずいしょう)を形成しています。髄鞘が電線を包む絶縁体のような役割をしてくれるために、電気信号(電気インパルス)は神経線維に沿って速く正確に伝わります。しかし絶縁体の役目をもつ髄鞘は活性酸素などの影響で破壊されることがあり、この状態では信号を十分に伝えることができなくなります。
破壊されたリン脂質は、葉酸の働きで新たに生成され、神経細胞が補修されます。葉酸が不足するとリン脂質の修復が遅れ、さまざまな神経伝達障害が発生してしまいます。そのままだと信号の伝達が不十分となり、最悪、痴呆症や、うつ病を招く可能性もあるそうです。

ホモシスチンは、アルツハイマー病の原因となるベータアミロイドの作用を強め、神経細胞に毒性があると言われています。葉酸は、このホモシスチンを低下させる作用があり、免疫学ではアルツハイマー病などの認知症(痴呆)と血液中のホモシスチンおよび葉酸との関係を調べ、葉酸がこれらの症状に効果があることを認める報告があります。(イタリア及び米国カルフォルニア大学など)

葉酸の 【おもな働き】

*
葉酸は細胞分化や細胞機能を正常に保つ
  • 核酸合成に必要なプリンやピリミジンの生成に補酵素として必須
葉酸はホモシステインからメチオニンの転移に不可欠(タンパク合成)
  • ホモシステインを減らす作用
    *ホモシステインは血中のコレステロールが酸化されて作られる物質。動脈硬化を引き起こしたり虚血性の心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす
    *ホモシステインは血管内皮細胞や血液凝固因子に影響している
  • この作用はビタミンB6、B12と協働している
赤血球をつくる
  • この作用はビタミンB12と協働している
神経細胞の働きを維持 アルツハイマー病
葉酸はDNA合成に不可欠、造血作用があり、心筋梗塞・脳溢血・ガン・認知症などの予防にも効果。
*1日あたりの摂取目安:200μg(米国400μg)上限は1mg 妊娠前から400μg以上

葉酸の【効果】

製薬・サプリメント関係の効果説明 Web情報

葉酸は貧血解消に最適:

貧血解消効果など、元気に生きていく上で絶対欠かせない栄養素。 ... 葉酸は細胞分裂を活発にして新陳代謝を高め、健康な精神状態を保ち、ストレスに打ち勝つ ... ビタミンB12と協力して、酸素を運ぶ役割をするヘモグロビンを生成し、貧血解消

葉酸は妊婦や年配者、喫煙者等に必要:

葉酸は胎児の神経管形成において重要な働きをし、母乳の分泌を良くする。 ... 厚生労働省では妊婦には葉酸の摂取を奨励。 ... 血栓を作る原因の1つであるホモシステインを減らすことができますので、血中コレステロール値や中性脂肪値が高い方にはオススメ。ホモシステインは、動脈硬化を引き起こしたり虚血性の心筋梗塞や脳溢血を引き起こします。... タバコやアルコール、アスピリンなど葉酸を不活性化し、より多くの補給を必要 ...

葉酸はビタミンCと共同でシミや色素沈着を防ぐ:

不足すると、肌の新陳代謝が鈍りシミができやすくなりお肌への色素沈着が増えるとの報告もあり。
以下は別会社サイトでの記載内容

葉酸は皮膚の健康維持を助ける

  • 遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠
  • 赤血球の合成。
  • アミノ酸(グリシン、セリン、メチオニン)の合成や蛋白質の生成・促進作用がある。
  • 皮膚の粘膜の強化。口内粘膜の強化
一般ページの効果説明 Web情報

葉酸の主な働き

昔から一般的に知られていることは、「妊婦」に必要、不足すると貧血になるなどで、... 注目したいのがまず「新しい細胞をつくる重要なビタミン」ということ。
  • 新しい細胞をつくる重要なビタミン
  • 体の細胞分裂に不可欠
  • 遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠
  • 赤血球の合成
  • アミノ酸(グリシン、セリン、メチオニン)の合成やたんぱく質の生成・促進作用がある
  • 皮膚の粘膜の強化
  • 口内粘膜の強化 、口内炎の潰瘍を予防
  • 貧血を防ぐ
  • 衰弱しているときの食欲増進
  • 腸内の寄生虫や食中毒から守る
  • 母乳の出をよくする
以下はサイトでの記載内容

葉酸は、神経管閉鎖障害の予防をします

神経管閉鎖障害は、赤ちゃんの中枢神経系の元(神経管)が上手く作れない症状です。 ... 症状は積極的な葉酸の摂取で、70%近くも発症のリスクを低減できると言われています。

葉酸は貧血の予防を助けます

貧血といえば、「鉄分」が必要と思われる方が多いと思いますが、実は赤血球を作る為には、「葉酸」と「ビタミン12」が必要不可欠なのです。葉酸が不足すると、赤血球の生成が上手く行かないばかりか、酸素を運ぶ力が劣った悪い赤血球が生まれてしまい、貧血を起こします。

葉酸は、動脈硬化を予防をします

葉酸が不足すると、ホモシステインという物質が増えます。
このホモシステインがいくつかのプロセスを踏み、血管を狭くしたり、硬化させる為に、動脈硬化を招き、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすのです。ホモシステインの発生を抑えるには、葉酸に加えて、ビタミンB6とビタミンB12が必要です。

葉酸は、細胞の生成を助けます

新しい細胞を作る時の設計図となるのが、DNAです。このDNAの生成を助けたり、活性酸素の影響なので「正しく作れなかったDNAを修復する役目を葉酸が担っています。その為に、葉酸が不足すると細胞の入れ替わりの激しい粘膜に影響が出ます。たとえば、口内炎や潰瘍が出来やすくなったりします。

葉酸の【性質】

  • 水溶性、酸とアルカリ溶液にも溶ける(純水には溶けにくい)
  • 橙黄色
  • 光や紫外線に弱い

葉酸の【摂取】

  • 調理や長期間保存による酸化によって葉酸は破壊されるため、新鮮な生野菜や果物が良い供給源です。豆類・野菜には多く、穀類・肉類には多く含むものが少ないようです。
    葉酸を摂取するのは難しい:調理で約50%のロス、小腸での吸収ロスが35%、アルコールやタバコでも多くて20%のロス、という話もあります
  • 妊娠前一ヶ月ごろから摂取すると、生まれてくる子供の脳や脊髄の先天異常を予防できる可能性があります。

葉酸の摂取を阻害する食物

  • 大量のアルコール、タバコ、制酸剤やアスピリンおよびその関連物質は葉酸の働きを阻害します。
  • 抗けいれん薬(フェニトイン、フェノバルビタール等)や潰瘍性大腸炎治療薬(スルファサラジン等)は葉酸の吸収を低下させます。
  • ガンやリウマチの治療に用いられるメトトレキサートなどの抗葉酸剤、あるいは抗生物質のトリメトプリム‐スルファメトキサゾール(ST合剤)は、葉酸の代謝を阻害します。

葉酸を過剰に摂取した場合

  • 発熱、蕁麻疹、紅斑、かゆみ、呼吸障害などの葉酸過敏症が起こります。また、亜鉛と葉酸が結びつくため、亜鉛の吸収を阻害する可能性が指摘されています。

葉酸の不足

  • 悪性貧血、口内炎、食欲不振、舌炎、下痢、顔色が悪い、脳の障害、動脈硬化などを起こすことがあります。

葉酸を含む主な食品

  • 濃緑色野菜
  • ほうれん草
  • にんじん
  • レバー
  • 卵黄
  • アンズ
  • かぼちゃ
  • アボガド
  • ライ麦粉

備考

  • 葉酸:もともとは、サルの貧血を改善する栄養素として発見された為に、Monkey(モンキー)の頭文字をとって、ビタミンMと呼ばれていました。の後、野菜などの葉部に多く含まれる事がわかり、「葉酸」と呼ばれるようになりました。
  • 神経管閉鎖障害:神経管閉鎖障害は、赤ちゃんの中枢神経系の元(神経管)が上手く作れない症状です。このうち、神経管の下部に問題があると、「二分脊椎」と呼ばれ、歩けなくなったり、膀胱や直腸が機能しなくなる事があります。又、神経管の上部で問題が起きると脳が上手く作られず、「無脳症」とよばれ流産や死産の割合が高くなります。これらの、症状は積極的な葉酸の摂取で、70%近くも発症のリスクを低減できると言われています。
  • 参考情報:
    日本ビタミン学会 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/vsojkn/gen-vit028.htm
    葉酸とアルツハイマー:http://www.hgc-ncl.com/bbp06.php?itemid=60

トラックバック(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL:  http://eiyou.hontonano.jp/mt/mt-tb.cgi/29

» 【脊椎過敏症】についてブログで検索すると…(病名・病気・医学のブログリンク集)~のトラックバック

脊椎過敏症 をサーチエンジンでマッシュアップして検索しブログでの口コミ情報を集めてみると… 続きを読む

コメントする(コメント入力フォーム)

release: December 22, 2007
update: March 29, 2008

Key words :

同様の効果がある他の栄養成分を見つけることができます
食品の栄養成分 基礎知識 カテゴリ
 
 

メタボの栄養 基礎知識2008