ビオチン

ビオチン びおちん biotin

ビオチンは以前はビタミンHやビタミンB群とも呼ばれていましたが、その働きが解明されるに従いヒトの体内でつくられることが判り、ビタミンから外されている国もあります。もともとビオチンは皮膚に生じる炎症を防止する因子として発見されたもので、細胞の成長を助け、皮膚や爪、毛髪を健康に保ち、筋肉痛を和らげる効果があり、アトピー性皮膚炎・花粉症にも効果がると期待される、皮膚との関係が非常に深いビタミンです。

ビオチンは腸内細菌がつくる:

ビオチンはタンパク質と結合している状態で含まれているため、そのままでは吸収されませんが、酵素ビオチニダーゼによってタンパク質から分離され(遊離型ビオチン)吸収されます。つまり、ビオチンは腸内細菌によってつくられるビタミンです。このため、便秘などで腸内環境に問題があると不足・欠乏を招くこともあります。

ビオチンはカルボキシラーゼの補酵素:

カルボキシラーゼは、糖新生注1・アミノ酸代謝・脂肪酸の合成に関わる酵素です。ビオチンはカルボキシラーゼを助ける補酵素として働き、糖質・脂質・タンパク質の代謝を助けてエネルギー生産します。

※ 注)
  1. 糖新生:糖新生とは、主として肝臓が糖以外の物質から糖を合成することをいいます。一部のサイトで、グリコーゲンを分解してグルコースにすることを糖新生と説明しているものがありますが、間違いです。
    ブドウ糖のエネルギー生産の過程で発生する乳酸は、肝臓に運ばれ、まずピルビン酸へと変えられ、さらにオキザロ酢酸へと変化して、再びブドウ糖へと再合成されます。これを糖新生(糖のリサイクル)といいますが、ビオチンはピルビン酸からオキザロ酢酸へと変換される際に働く酵素の補酵素としてその機能を補います。

糖のリサイクル(糖新生)ができないと筋肉痛や疲労感:

エネルギー生産の過程で燃えカスとして必ず発生する乳酸は、肝臓に運ばれ再びブドウ糖へ再合成されます。これを糖のリサイクル糖新生)と言いますが、ビオチンが不足するとリサイクルが上手く進まず、筋肉痛や疲労感などの症状の原因になります。

ビオチンはタンパク質の合成を促す:

ビオチンは亜鉛と協働して核酸(DNAやRNA)に補酵素として働きかけ、タンパク質の合成を促しています。皮膚(爪や髪の毛)の規則正しい細胞分裂に欠かせない栄養素となっています。
また、ビオチンはアミノ酸の代謝に関わる酵素の補酵素として働きます。アミノ酸はタンパク質の材料であるため、ビオチンが不足してアミノ酸代謝が滞ると、皮膚や毛髪などにも影響がでて、肌荒れや脱毛や白髪といった症状になることがあります。

ビオチンはヒスタミンの元となるヒスチジンを体外へ排出する:

アレルギー物質(アレルゲン)が体内に入るとヒスタミンなどの化学物質が放出され、このヒスタミンが皮膚の炎症を引き起こしてしまいます。ビオチンはこのヒスタミンのもとともいえるヒスチジンを体外へ排出する作用があり、アトピー性皮膚炎の原因を減らす働きがあるとされ、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の炎症に補助療法としてビオチンが用いられています。

調製粉乳を飲む乳児にアトピー性皮膚炎:

わが国ではビオチンが食品添加物として認可されていないため、調製粉乳(粉ミルクのこと)、とくに治療用特殊粉ミルクを飲んでいる乳児にアトピー性皮膚炎が見られ、ビオチンの不足が指摘されていています。ビオチンが不足すると、たんぱく質の合成免疫機能などが低下するため皮膚形成がそこなわれ、その結果アトピー性皮膚炎が発症するのではいわれています。乳児にビオチンを投与したところ、症状が改善する場合があるといった報告があるようです。

ビオチンは

レバー、大豆、穀類、卵黄、ローヤルゼリー、いわし、くるみ、落花生、牛乳、などに、多く含まれています。

ビオチンの 【おもな働き】

*
ビオチンはカルボキシラーゼの補酵素として働く
  • 糖新生・アミノ酸代謝注1・脂肪酸の合成
  • 糖のリサイクル(糖新生)に必須の栄養素
ビオチンはタンパク質の合成を促す
  • 核酸の生成に働きかける
  • アミノ酸の代謝に関わり、タンパク質の合成を促進
ヒスタミンの生成を抑制する
  • ヒスタミンの元となるヒスチジンを体外へ排出
ビオチンは、エネルギー生産、タンパク合成、ヒスタミン排出。
皮膚・爪・毛髪などを健やかに保つ。疲労回復・アトピー性皮膚炎・花粉症にも効果。
*1日あたりの摂取目安:30μg カリフラワー約半個 大豆1/4カップ
※ 注)
  1. 代謝:代謝とは生体内の化学反応のことで、体外から取り入れた物質から「他の物質を合成」したり、「エネルギーを得たり」することをいう。新陳代謝ともいう。

ビオチンの【効果】

製薬・サプリメント関係の効果説明 Web情報

ビオチン 主な作用

ビタミンHは元来身体の中で合成されるので、食事による欠乏症の自然発生はないと考えられていますが、湿疹、接触性皮膚炎などのひどい小児では、このビタミン不足から発育不全、皮膚炎、歩行障害を来しかねないので、その補給に用います。
副作用はとくにありません。
以下は別会社サイトでの記載内容

肌と髪を健康に保つためのビタミン:

食べ物に含まれるビオチンはタンパク質と結合しているためそのままでは吸収されないが、酵素によってタンパク質から分離されると吸収される。また、腸内細菌によって合成、吸収されているビタミンでもある

体内では:

ブドウ糖がエネルギーに変わるときに生じる乳酸が再度ブドウ糖に戻る糖新生という反応を助けたり、脂肪酸合成、アミノ酸代謝などにかかわっている。細胞の成長やDNA合成を助け、血糖値の維持、毛髪・皮膚の健康維持、貧血予防にも効果がある。ビオチンが不足すると、疲労感や食欲不振、湿疹、髪が抜ける、白髪になるといった症状があらわれる。微量でも毎日摂ることが大切なビタミンだ

アトピー性皮膚炎に対する効果:

体内にアレルゲンが侵入すると、ヒスタミンなどの化学物質が放出され、このヒスタミンが皮膚の炎症を引き起こしてしまう。ビオチンはこのヒスタミンの元になるヒスチジンを体外に排泄する作用があり、アトピー性皮膚炎の原因を減少させると考えられている。

糖尿病の改善が見られたという報告:

血糖値が高い患者ほど血液中のビオチン濃度が低く、ビオチンを補給することで改善が見られたという報告もある。
以下は別会社サイトでの記載内容

皮膚の健康維持を助ける

ビオチンは、健康な状態であれば、腸内細菌が合成するビタミン。... 長期にわたり抗生物質を服用していたり、偏食だったり、便秘だったりと腸内の環境が良くない場合には、腸内細菌がビオチンをうまく作り出せずに不足することがある。... ビオチン不足の場合には、肌が乾燥気味になったり、脱毛、筋肉痛、白髪、食欲不振、うつ症状等が現われることがある。... 日本では、食品添加物としてビオチンが認められていないので、調製粉乳(粉ミルク)を飲んでいる乳児のビオチン不足が問題。
一般ページの効果説明 Web情報

ビオチンは健康的な髪、肌、つめの保持に有効
ビオチンの欠乏は髪の毛の喪失につながる

また、湿疹、皮膚炎、皮膚のトラブル、心臓、肺のトラブル、貧血、過度の疲労、高コレステロール、結膜炎に効きます。
  • 白髪になるのを防ぐ
  • 禿げの予防、治療を助ける
  • 筋肉痛を和らげる
  • 湿疹、皮膚炎を緩和する
以下はサイトでの記載内容

ビオチンって脱毛にも聞くって書いてあったので、
これ以上毛深くならないか心配です。出典:おしえて!goo

  • 毛深くならないか? 
    正常に保つ効果があるという報告なので、異常になるとは思えません。ビオチンは通常、腸内細菌の働きにより、もともと自分でも作り出しているものです。
    水溶性で、体内から数時間でほとんど排出されます。
  • 「アトピー性皮膚炎」に効果がある様です。ただ、「毛深くなる」という副作用は私の知る限りでは聞いたことはありません。「掌蹠膿胞症」という皮膚科の難病に良く効く、ということは知っています。

自分でビオチン療法

ビオチン療法は、ビタミンの1種のビオチンに加えてビタミンCとミヤリサンを摂取する治療法で、掌蹠膿疱症・アトピー性皮膚炎・尋常性乾癬に効果が期待される。
これらの症状の原因がビオチン欠乏でなければ高い効果は期待できないが、試してみる価値はあると思う。
掌蹠膿疱症の場合、効果に数ヶ月は必要。

ビオチンの【性質】

  • 水溶性(熱水やアルカリ水に良く溶ける)
  • 無色

ビオチンの【摂取】

  • 多くの食品に含まれていることや腸内細菌によって産生されているために、一般にヒトでは欠乏症はないよです。
  • わが国ではビオチンが食品添加物として認可されていないため、調製粉乳、とくに治療用特殊粉ミルクを飲んでいる乳児にアトピー性皮膚炎が見られ、ビオチンの不足が指摘されています。

ビオチンの摂取を阻害する食物

  • 生卵白(アビジン)、抗生物質(特にサルファ剤)、完全非経口栄養食
    ※卵白中のアビジンが消化管でビオチンと結合し、ビオチンの吸収が阻害される可能性。(一日あたり生卵10個以上)
    ※抗生物質は腸内細菌を殺すため、ビオチンの生産量が少なくなる

ビオチンを過剰に摂取した場合

  • ビチオンは水溶性のため、大量に摂取しても速やかに排泄されますので、過剰摂取による障害の報告はないようです。

ビオチンの不足

  • ビオチンの不足で糖新生がスムーズに進まなくなると、筋肉痛や疲労感などといった症状がでてくると言われています。
  • ビオチンは腸内細菌でつくられるため、便秘などによる腸内環境の悪化により、ビオチン不足となることがあります。

ビオチンの欠乏による疾患

  • 妊娠中ビオチン欠乏状態に陥った母体の胎児に、高い確率で奇形が誘発されることが報告されているようです。その主なものとしては、口蓋裂、小顎症、短肢症など。(詳細なメカニズム等は不明)(この件の第一人者:兵庫県立大学渡邊敏明教授)
  • ビオチン欠乏胎児では口蓋裂、小顎症、短肢症などが報告されています。
  • 牛乳と卵だけといった極端な偏食で、剥離性皮膚炎・脱毛や食欲不振の報告があるようです。
  • 生卵白の大量摂取にるビオチン欠乏症を特に卵白障害と呼びます。卵白障害の症状は以下のもの。
    白髪・脱毛・湿疹あるいは炎症など皮膚症状、皮膚や粘膜の灰色退色や落屑、結膜炎、筋肉痛、疲労感、食欲不振、味覚異常、血糖値上昇、不眠、神経障害

ビオチンを含む主な食品

  • レバー
  • 大豆
  • 穀類
  • 卵黄
  • ローヤルゼリー
  • いわし
  • くるみ
  • ピーナッツ
  • 牛乳

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:  http://eiyou.hontonano.jp/mt/mt-tb.cgi/28

コメントする(コメント入力フォーム)

release: December 9, 2007
update: March 29, 2008

Key words :

同様の効果がある他の栄養成分を見つけることができます
食品の栄養成分 基礎知識 カテゴリ
 
 

メタボの栄養 基礎知識2008