INDEX Page > ビタミン > 水溶性ビタミン > ナイアシン

ナイアシン

ナイアシン ビタミンB3 ニコチン酸 ないあしん niacin

ナイアシンは別名ビタミンB3とも呼ばれ、ニコチン酸とニコチンアミドの総称注1です。ヒトの体内では、必須アミノ酸の1つであるトリプトファンビタミンB2・B6からも肝臓で少量が生合成される他、腸内細菌がトリプトファンからのナイアシン合成を行っています。ナイアシンは、血行を良くし皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあるとされています。

ナイアシンは体内おいては活性型に変わり、他のビタミンB群と同じように糖質・ 脂質・たんぱく質の代謝に補酵素として関与していますが、特に、糖質・脂質の代謝に関わる様々な酵素に関係しています。ナイアシンが関与して生産されるエネルギーの総量は、体内で必要とされるエネルギーの60~70%にもなると言われ、体内に存在する酵素の約40%・500種あまりが、ナイアシンを必要としています。

ナイアシンは生体中に最も多く存在するビタミンですが、通常の食生活を送る上では欠乏症に陥ることは多くないといわれています。トウモロコシやモロコシを主食とする場合に、皮膚炎・下痢・精神神経障害を主症状とするペラグアを引き起こす恐れがあります。(下記参照)

ナイアシンはメラトニン注2の生合成に必要です
ナイアシンとビタミンCは、良性のエイコサノイド注3をつくるのに必要です

※ 注)
  • ニコチン酸は植物に含まれるもの。ニコチンアミドは動物に含まれるものを指します。摂取されるとニコチン酸は肝臓でニコチンアミドになります。
  • メラトニン:メラトニンはホルモンの一種で、睡眠などの生体リズムを形成しています。
  • エイコサノイド:イコサノイドとも言う。エイコサノイドとは、必須脂肪酸が代謝されてできる微量のホルモン様物質で、エイコサペンタエン酸やγ-リノレン酸を原料とする。良性エイコサノイドと悪性エイコサノイドのバランスが崩れると、ガン、糖尿病、アレルギー疾患などを起こす。悪性エイコサノイドのもとになるのはリノール酸。

ナイアシンの 【おもな働き】

*
糖質・脂質の代謝に関与する酵素への補酵素として働く
   成長促進(健全な発育を促進)
   血行改善・血管を拡張し、血圧を下げる(冷え性や頭痛)
   神経や脳機能の正常化 (精神安定化・統合失調症)
   心筋梗塞の再発を防ぐ
   皮膚の健康を保つ
アセトアルデヒドの分解酵素の補酵素として働く(二日酔い予防)
コレステロール・中性脂肪を減らす効果(糖尿病)
ホルモンの合成に関与
 性ホルモン・コルチゾン・チロキシン・インスリン・メラトニン
効果があるとおもわれるもの
肝臓病 血行促進 精神安定 糖尿病 脳 二日酔い 不眠症 毛髪 肌荒れ
*1日あたりの摂取目安:成人男性14~17mg 成人女性12~13mg

ナイアシンの【効果】

サプリメント関係の効果説明 Web情報

ナイアシン

水に溶けやすい水溶性ビタミンの一つで、ビタミンB群の仲間です。皮膚炎や消化不良を改善する働きがあります。皮膚細胞を活性化させて、潤いとハリのある肌に仕上げます。

ナイアシンアミド

血行をよくして肌細胞の活性化を促進。それにより、シワやくすみを改善して、肌を若返らせる作用があります。
以下は別会社サイトでの記載内容

マイナービタミン大集合!

ビタミンは全部で13種類。ビタミンB群の仲間を中心に、ちょっとマイナーな(?)ビタミンたちをご紹介しましょう!
 ナイアシン欠乏の兆候と欠乏症
  • ナイアシンが欠乏すると、皮膚炎、下痢、認知症などの症状が現れます。
  • 皮膚炎は顔、けい部、手、足など日光の当たる部分に左右対称に発赤、水泡、褐色の色素沈着などを生じます。
  • 下痢は消化管出血を伴います。
  • 欠乏症になると、頭痛、不眠症、めまい、抑うつ症を起こし、重症になると幻覚、錯乱、発狂などの病状が出現します。
  • ナイアシンン欠乏症は、アルコール依存症などでたんぱく質やビタミンB群なども併せて欠乏となっているケースがほとんどです。
一般ページの効果説明 Web情報

LDL(悪玉コレステロール)の増加を防ぎ、HDL(善玉コレステロール)を増やしてくれます

インスリンによるLDLの増加を止めるためにも必要なので、糖尿病に欠かせないビタミンです

体内で性ホルモンの合成に使われます

脳の働きを良くし、神経系の機能を健康に保ちます

虚血性心疾患と密接な関係のあるリポタンパクを減らしてくれます

気が滅入る、落ち込みが激しいという人

ビタミンB3が不足しているのかもしれません。ビタミンB3はセロトニン(神経伝達物質の一種で天然の精神安定剤といわれる)のレベルを上げるので、不安や憂うつを解消し、精神の安定に役立つからです

不足すると

口内炎、皮膚炎、うつ症状、記憶力減退などを起こします。

ポイント

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6が不足していると、トリプトファンからナイアシン(ビタミンB3)をつくり出すことができません。
以下は別会社サイトでの記載内容

ナイアシンアミド(ビタミンB3) 250mg
お酒が好きな方
ジャンル/肝臓・コレステロール・お肌サポート

ナイアシンは細胞の物質代謝に関係する水溶性のビタミンで、最近、TVなどで紹介されるなど、特に注目度が高まっている成分の一つです。
以下は別会社サイトでの記載内容

量が過ぎると「ナイアシンクラッシュ」という副作用がある

~ナイアシンは 単独サプリとして日本では認可されていないです 副作用もキツク 特に心臓の悪い方には絶対お勧めできません この記事は 事実に基づいたレポですが あくまで 私個人のことです 服用は 医師又は薬剤師さんに相談してください~
 ↑ 個人blogより

ナイアシンの【性質】

  • 水溶性
  • 熱・酸・アルカリ・酸化に対し極めて安定

ナイアシンの【摂取】

  • 日本人の通常の食生活ではナイアシンが不足することはほとんどありませんが、ビタミンB6が不足している人、アルコールを多飲する人などは、ナイアシン不足に陥りやすく、肌荒れや胃腸の不調、二日酔いしやすいなどの症状としてあらわれることがあります。酒の肴には、ナイアシンを多く含むカツオやマグロ、アジ、イワシなどを食べるようにするのも方法です。

ナイアシンの【副作用】(過剰摂取した場合)

  • ニコチン酸を大量摂取すると、一時的に顔の紅潮や、掻痒感(むずがゆくなること)などの「flushing症状」が起こることがあります。また、ニコチンアミドの大量摂取では、胃腸障害、肝毒性、消化性潰瘍の悪化などの副作用が知られており、食事摂取基準でも上限量が設けられています。

ナイアシンの不足による疾患

  • ペラグラ、口舌炎、胃痛、食欲不振、下痢、神経痛、不眠症、無気力などの症状となることがあります。
  • ペラグラとは:最初は日光があたった部位の皮膚に日焼けのような発疹を生じる。その後、舌が赤く腫れたり、下痢や錯乱や過敏性が生じたり、中枢神経系がおかされるとうつ病や精神障害があらわれる。
  • トウモロコシを主食とする場合、トウモロコシのトリプトファン含量が少ないため、ナイアシンとトリプトファンがともに欠乏する。
  • ロイシンを非常に多く含むモロコシを主食とする場合、過剰のロイシンにより(トリプトファンをニコチン酸に変換する際に重要な役目を持った酵素である)キノリン酸ホスホリボシルトランスフェラーゼの阻害が起こり、結果として欠乏症に陥る可能性がある。

ナイアシンを含む主な食品

  • レバー
  • カツオ
  • マグロ
  • サバ
  • ブリ
  • アジ
  • イワシ
  • さわら
  • たらこ
  • 鶏肉
  • 牛肉
  • 豚肉
  • 玄米
  • そば
  • ピーナツ
  • なめこ
  • エリンギ
  • えのきたけ

備考

  • 【ナイアシン】NIcotinic ACid vitamIN ニコチン酸ビタミンの略称。この名称は元のニコチン酸という言葉が有害物質であるニコチンと混同されるのを避けるために付けられたものだそうです。もともとは、「ニコチン酸は,Huberが1867年に,タバコに含まれる有毒成分の一つであるニコチンを硝酸で酸化して得たのが最初であり,ニコチンを酸化して得られた酸であることから,ニコチン酸と名づけられました」ということです。
  • 参考情報:
    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/vsojkn/gen-vit027.htm

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:  http://eiyou.hontonano.jp/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする(コメント入力フォーム)

release: October 27, 2007
update: November 13, 2007

Key words :

同様の効果がある他の栄養成分を見つけることができます
食品の栄養成分 基礎知識 カテゴリ
 
 

メタボの栄養 基礎知識2008