配糖体(糖タンパク結合体) 掲載一覧

グルカン・βグルカン

グルカン ぐるかん glucans

ブドウ糖(グルコース)のみが多数結合した多糖類(炭水化物)のことを、グルカンと呼び、食品化学では食物繊維として扱われます。グルカンはその化学構造からα型とβ型に分ける事ができ、α-グルカンには、動物が筋肉や心筋に血液中のブドウ糖から蓄えたグリコーゲンと、植物が光合成で作ったデンプン・デキストリン・ポリデキストロースなどがあります。一方、β-グルカンは真菌、細菌、植物などに広く含まれ、細胞壁の材料となり大きくセルロース(紙)とこれ以外のヘミセルロースに分類されています。

食品の栄養成分 基礎知識 カテゴリ
 
 

メタボの栄養 基礎知識2008