掲載一覧

フラボノイドについて

植物の色素成分の種類は、全体でおよそ6,000種以上あるとも言われ、これらを総称してポリフェノールと呼びます。ポリフェノールはフラボノイド系フェノール酸系の2種類に大きく分類されており、フラボノイドとは、この大分類を指す言葉です。

イソフラボン(大豆イソフラボン)

イソフラボン いそふらぼん isoflavones

イソフラボン(類)は、植物に含まれる抗酸化物質であるポリフェノールのフラボノイド系に属する色素成分です。女性ホルモンに化学構造が似ているため植物性エストロゲンと呼ばれ、その代表格として大豆に含まれる大豆イソフラボンが知られています。更年期障害、生理不順、骨粗しょう症、前立腺ガンなどの改善に効果があるといわれ、更年期の女性に有効なだけでは無く、男性にも有効な成分であると考えられます。

アントシアニン

アントシアニン あんとしあにん anthocyanins

アントシアニンとは、植物に含まれる抗酸化物質であるポリフェノールのフラボノイド系に属するする、紫色の色素成分です。濃い赤紫色や青紫色のブドウやベリー類、野菜などに含まれています。

ルチン

ルチン るちん rutin

ルチンは、ソバ(蕎麦)の実やいちじくに多く含まれ、強力な抗酸化作用をもつポリフェノールのフラボノイド系に属する成分。かつてはビタミンPと呼ばれていました。ルチンは、心臓病や動脈硬化、高血圧など、生活習慣病の予防に役立ち、高血圧の改善血糖値の回復作用がると言われています。

ケルセチン

ケルセチン クエルセチン けるせちん quercetin

ケルセチン (クエルセチン) は、リンゴ、タマネギや蕎麦をはじめ多くの植物に含まれ、抗酸化作用をもつポリフェノールのフラボノイド系フラボノールに分類される成分。特にタマネギの皮に多く含まれることが知られています。

フラバノン類

フラバノン ふらばのん flavanone

フラバノン類は柑橘系に多くみられる色素成分で、ナリンゲニン、ナリンギンヘスペリジン、シトロニン、リキリチンなどの種類があり、抗酸化作用をもつポリフェノールのフラボノイド系フラバノン類として分類されています。

カテキン

カテキン かてきん catechin

カテキンは緑茶の渋味成分の1つで、抗酸化作用をもつポリフェノールのフラバノール類に分類される色素成分です。カテキンには幾つかの種類があり、中でも最強の殺菌力を持つのが緑茶カテキンのエピガロカテキンガレート(EGCG)ですが、緑茶のカテキンの50%はこの成分で、抗ガン、抗ウィルス、抗酸化活性などに優れています。

テアフラビン

テアフラビン てあふらびん theaflavin

テアフラビンは紅茶やウーロン茶に含まれる渋味成分の1つで、抗酸化作用をもつポリフェノールのフラバノール類(カテキン類ともいう)に分類される橙赤色の色素成分です。テアフラビンには抗酸化抗菌高血圧脂肪吸収の抑制などの作用があります。

ルテオリン

ルテオリン るておりん luteolin

ルテオリンは、フラボノイドの中では最も強い抗アレルギー・抗炎症作用を持つといわれ、花粉症アトピーといったアレルギー症状を押さえる効果を発揮します。これは、ロイコトリエン注1という炎症を引き起こす物質を作り出す際に必要な酵素をルテオリンが阻害するものと考えられています。

セサミン

セサミン セサミノール せさみん sesamin

セサミンとは、ゴマに0.5%程度含まれる微量成分で、抗酸化成分「リグナン類」を形成する物質のことをいいます。セサミンの『セサミ』は『ごま』のこと。抗酸化物質のポリフェノール/フェノール酸系/リグナン類に分類されるアンチエイジングが認められている成分です。

クマリン

クマリン くまりん coumarin

クマリンは植物に広く含まれており、特にセリ科ミカン科、マメ科、キク科には多く、パセリや明日葉柑橘類は身近なものです。抗酸化物質のポリフェノール/フェノール酸系に分類される香り成分で、抗菌作用、エストロゲン様ホルモン作用、光感作促進注1、抗血液凝固などが知られていて、血栓防止薬としても利用されています。

クルクミン

クルクミン くるくみん curcumin

クルクミンは秋ウコンに多く含まれる黄色の色素成分で、秋ウコンから作られる香辛料ターメリック注1の原料にもなっています。クルクミンは強い抗酸化作用を持ち、胆汁分泌促進作用により肝機能の強化やコレステロール低減などによる生活習慣病の予防効果があるといわれています。二日酔いにウコンが効くのも肝臓に働きかけているためです。

クロロゲン酸

クロロゲン酸 くろろげんさん chlorogenic acid

クロロゲン酸はコーヒー豆から初めて単離された成分ですが、多くの双子葉植物の種子や葉、中でもナス科セリ科キク科などの植物にも含まれています。生コーヒー豆には5から10%と最も多く含まれているポリフェノールのフェノール酸系に分類される色素成分ですが、焙煎された豆にはほとんど含まれていません。ちなみに「クロロ」という言葉は「緑」と「塩素」という二つの意味での使われる接頭語で、たとえばクロロフィル(葉緑素)や、クロロホルム(塩素)のようになります。クロロゲン酸は若干ですが緑がかった色であるため、「緑」の「クロロ」が付けられたようです。

食品の栄養成分 基礎知識 カテゴリ
  • [16]
    • [13]
    • [1]
    • [2]
    • [1]
    • [2]
  • [2]
  • [3]
    • [1]
    • [1]
  • [2]
    • [2]
  • [13]
    • [9]
    • [4]
    • [1]
  • [5]
  • [1]
  • [1]
    • [1]
  • [10]
  • [20]
 
 

メタボの栄養 基礎知識2008