掲載一覧

カルシウム

カルシウム かるしうむ calcium

カルシウムは、人体に必要不可欠なミネラルの一つです。99%が骨や歯などに存在し、1%のカルシウムは血液・筋肉・神経などで、生体機能の維持および調節に不可欠な役割を担っています。この1%のカルシウムのことを機能カルシウム(補足と呼び、1%に満たなくなると、体は、骨や歯にあるカルシウムを取り出して1%になるように働きます。このように使われる骨や歯にある99%のカルシウムを貯蔵カルシウムと呼びます。

鉄 てつ ferrum

鉄は成人男性で約4.0g、同じく女性で約2.5g、が体内にあります。その約70%の鉄は赤血球の中にある「ヘモグロビン」にヘム鉄として存在し、肺から酸素を受け取り、体内を循環して各組織に酸素を送り届ける役割をしています。
また、鉄は、筋肉でのエネルギー生産や肝臓での解毒酵素にも関わりがあり、欠乏すると鉄欠乏性貧血を引き起こし、過剰になると肝臓ガン発生の一因にもなります。

亜鉛

亜鉛 あえん zinc

亜鉛はおよそ300種類以上の酵素の活性化に関与している必須のミネラル。亜鉛はミネラルの中でも最も多彩な働きをしているものの1つで、微量元素でありながら生理的に重要な酵素の構成元素としてDNAやタンパク質代謝に働いています。不足すると、妊婦では早産の危険や先天性疾患、男性ではEDなど生殖機能障害の発症原因となります。その他、皮疹、味覚異常、糖尿病、人格障害、気分障害(うつ)、脱毛や粗毛、もろい爪、創傷治療の遅延、成長障害、免疫力低下、食欲不振、乾癬やアトピー性皮膚炎、などさまざまな症状が現れます。

カリウム

カリウム かりうむ Kalium

カリウムはナトリウムと拮抗して、細胞内外のイオンバランスを調整することで浸透圧を一定にしながら、下記のような働きを担っている非常に重要なミネラルです。

  • 浸透圧を調整し、体内の水分量調節にも関わる
  • 神経細胞(膜)での刺激伝達物質となっている
  • 筋肉の弛緩を調節する作用
  • 細胞のエネルギー生産に関わる作用
  • 腎臓における老廃物の排泄を促す利尿作用
  • 一定量以上のカリウムは腎臓でナトリウムの排出に働く

マグネシウム

マグネシウム まぐねしうむ Magnesium

植物にはクロロフィルの成分として含まれているマグネシウム、人体では、ナトリウム、カリウム、カルシウム、リンなどとともに骨粗鬆症や心血管疾患、糖尿病などとの関わりが非常に深く、加工食品には少ない栄養素となっていることもあり現代の食生活では、不足しやすい必須ミネラルです。メタボ予防と改善に有効とする報告もされています。

食品の栄養成分 基礎知識 カテゴリ
  • [16]
    • [13]
    • [1]
    • [2]
    • [1]
    • [2]
  • [2]
  • [3]
    • [1]
    • [1]
  • [2]
    • [2]
  • [13]
    • [9]
    • [4]
    • [1]
  • [5]
  • [1]
  • [1]
    • [1]
  • [10]
  • [20]
 
 

メタボの栄養 基礎知識2008