INDEX Page > 糖質・炭水化物 > 単糖類 > グルカン・βグルカン

グルカン・βグルカン

グルカン ぐるかん glucans

ブドウ糖(グルコース)のみが多数結合した多糖類(炭水化物)のことを、グルカンと呼び、食品化学では食物繊維として扱われます。グルカンはその化学構造からα型とβ型に分ける事ができ、α-グルカンには、動物が筋肉や心筋に血液中のブドウ糖から蓄えたグリコーゲンと、植物が光合成で作ったデンプン・デキストリン・ポリデキストロースなどがあります。一方、β-グルカンは真菌、細菌、植物などに広く含まれ、細胞壁の材料となり大きくセルロース(紙)とこれ以外のヘミセルロースに分類されています。

機能性食品としてのβ-グルカン

ヒトが摂取しても栄養にすることができない食物繊維ですが、β-グルカンの中には機能性食品として有用性をもつものがあり、キノコ類、カビ、酵母、藻類、菌類 などの細胞壁から発見されています。キノコ類ではシイタケやスエヒロタケなどの菌糸体から、酵母類では、パン酵母、黒酵母、ビール酵母、オーツ麦、大麦など、また、藻類ではフコイダンなどがあります。

また、これらに含まれるβ-グルカンは、含まれる植物などの種類によりその性質に大きな違いがあります。(ビール酵母はビールの製造過程で除去されるためビールには含まれていません)

β-グルカンの分類

β-グルカンは、化学構造からみると多くのものが存在するのですが、この中で【β1,4】と【β1,3】と【β1,6】の番号が付けられたグルカンで研究が進み、【β1,3】のD番目、つまり、β1,3-Dグルカンが最も注目されています。
これにはマクロファージやNK細胞等の免疫細胞を活性化させる作用があると認められており、一般にβグルカンといえば、このグルカンを指します。

免疫機能強化に働くβ1,3-Dグルカン

ヒトは食物繊維を消化する酵素を持っていないため、キノコなどに含まれるβグルカンを生食で消化・吸収することができません。中医学や漢方では高血圧症や高脂血症などで用いられる霊芝が有名で、βグルカンを含んでいるのですが摂取の基本は、乾燥させた霊芝を煎じて飲む方法です。免疫力の向上についてのヒトへの効果は定かではなく、科学的なエビデンスが求めらるものとなっています。

1960年代以降、癌の免疫療法剤としての開発がすすみ、1975年頃から医薬品が開発されています。いずれもキノコ由来のものでシイタケから抽出されるレンチナン(Lentinan,LNT)(注射)、スエヒロタケから抽出されるソニフィラン(Schizophyllan,SPG)(注射)、カワラタケから抽出されるクレスチン(Krestin,PSK)(口径投与)があり、放射線療法などの他の療法と組み合わされて利用されるようになりました。
いずれも、NK細胞活性、インターフェロン生産能、インターロイキン生産能の増強などの免疫系の活性化により悪性腫瘍に効果を持つもの。つまり、生存期間を延長するものでです。

β1,3-Dグルカンは、原料の種類やその個体差、培養条件、抽出方法などにより、精製度に違いが生まれます。このような条件を組み合わせた様々な方法による生産・商品化が行われています。

以下の記事が関連しています。合わせてご覧ください。

β1,3-Dβグルカンは、腸管免疫細胞を活性化

分子量が大きく消化・吸収できないのに、なぜ、免疫にはたらくのか?
その秘密は腸管免疫。腸管での免疫系は他の部位と比べ高度に発達したものとなっています。これは食物や雑菌など種々雑多なものを大量に処理するために進化した腸がもつ特有の機能で、その中心はパイエル板といわれるもの。この働きで、βグルカンが腸管に接触しただけで腸管免疫細胞が活性化し、これが全身の免疫機能を活性化させることになると考えられています。口から摂取してこのような作用をもたらす代表がβ1,3-Dグルカンです。腸で吸収され、血液で運ばれている訳ではなかったのです。

一方、0.5ミクロンの粒子は腸管粘膜を通過するため、ナノテクノロジーを使い0.2ミクロンに超微細化、粘膜から吸収させるものもある。

グルカン・βグルカンの【働き】

*
植物由来のα-グルカンは整腸作用
血糖値抑制、利尿効果、血圧調整、血中コレステロールと中性脂肪値の低下などの作用
便秘や痔の予防・解消、有害物質の排出、
β1,3-Dグルカンは、腸粘膜を刺激し、免疫細胞を活性化
免疫力・抵抗力を高め ... アレルギーやガンを抑制する作用
check point :
βグルカンは紙も含む総称、β1,3D-グルカンが免疫力を強化する
出典:

βグルカンの【効果】

がん専門クリニックのページより Web情報

キノコや、βグルカンなどのサプリメント

日頃から免疫力を高めておくことは、がんの発生や再発の予防、感染症に対する抵抗力の増強という点において有用です。がん治療中の日和見感染症の発生予防に効果が期待できます。
しかし、
・がんを縮小させるような効果は人間では証明されていません。
・がんの種類や状況によっては、がんを悪化させる場合もあることを認識しておくことが大切です。
・サプリメントだから副作用がないという考えは間違いです。服用して症状が悪化する場合には、中止する方が賢明です。
・βグルカンという成分名とその含量だけでは抗腫瘍効果の根拠にはなりません。商品レベルでの有効性や安全性のデータをもった商品を選択することが大切です。

低分子化 .....

低分子にして本当に吸収が増えるのか、低分子に分解したあとも元と同じような活性が残っているのか、大量に吸収されたとして安全性に問題がないのか、という点に関して十分な検討は行われていない。

βグルカンが多い .....

βグルカンの中で免疫増強作用のあるものは特定の構造をもつ一部のものであり、紙の原料のセルロースもβグルカンの1種。「この製品にはβ-グルカンが○○gも含まれています」という宣伝文句があっても、そこには免疫増強作用のないβグルカンも含まれているトリックが隠れている場合もある。
サプリメント・健康食品関係 Web情報

おやすみ

...
一般ページからの情報 Web情報

霊芝(レイシ)

マンネンタケ科のキノコ。成長させ乾燥させたものを霊芝として用い、一般には食用とされていない。中医学や漢方として高血圧症や高脂血症等に用いられて来た。子実体にはさまざまな多糖類(β-グルカン)やテルペノイドを含んでいることが分かっている。抗腫瘍作用の報告は多いが、いずれも試験管、動物実験レベルにとどまり、ヒトでの有効性は定かではない。(出典:Wikipediaから要約)

アガリクス

ブラジル原産のハラタケ科ハラタケ属のキノコ、ヒメマツタケの俗称。アガリクスとはヒメマツタケを含む30数種類のキノコの総称。
β1,3よりも効果をもたないβ1,6が多いとする報告もあり、その効果には意見が分かれている。免疫の働きを活発にする可能性があると言われる。

パン酵母βグルカン

パン酵母由来のβグルカンの研究は欧米で盛んに行われてきた。1940年代、アメリカでパン酵母細胞壁からβグルカンを抽出したザイモサン(Zymosan)が商品化されたが、精製度に問題がありアレルギーを起こすこともあるものでした。1980年代前半には精製度85%以上を可能とする技術が確率されるとアレルギー問題が払拭され、90年中以降から米国では代表的なサプリメントとして認知されるようになった。米国製ではβグルカン85%以上、かつこの中に95%以上のβ1,3-Dグルカンで構成される商品が出荷されている。

AHCC :Active Hexose Correlated Compound

1989年に商品化された国産の免疫強化を目的とする機能性食品。特徴はアセチル化されたα1,4-グルカンを含んでいること。自然界のキノコの成分中にこのアセチル化α-グルカンはほとんど存在せず、分子量が数万から数十万と考えられているβ-グルカンが消化吸収されるのが難しものであることに対して、分子量が約5,000と低いものとなっており腸管を刺激して免疫賦活作用を現していると推測されている。 おもに、抗がん作用、がん化学療法の副作用軽減作用(QLO向上)、抗糖尿病・高脂血症作用などのはたらきがある。 AHCCは、シイタケ、シメジタケ、スエヒロタケなどの菌糸体(根に当たる部分)を原料にし、培養した後に酵素反応を利用して得られる。

黒酵母βグルカン

黒酵母(学名,アウレオバシジウム) がつくりだすジェル状の液体の中に大量に含まれているもの。一方、バイオ技術でつくられた黒酵母培養液を利用する水溶性βグルカン(β1,3とβ1,6の結合型)が商品化され、高温による加熱殺菌処理を加え液体(ジェル状)で出荷されている。2004年、食品添加物として登録された。

マイタケD-フラクション

マイタケD-フラクションは舞茸の子実体から蒸留などで抽出されるβ1,3やβ1,6グルカンに、糖とタンパク質を結合させたもの。アメリカでエイズ治療薬としての利用が紹介され、注目される。癌治療では「マイタケD-フラクションは、治癒の速度を促進すると同時に、他の治療と一緒に使うことで相乗効果がある」との見方。 ... 通常の化学療法や放射線療法に加えて、マイタケのような副作用のない治療を併用して相乗効果を期待している。マイタケのメリットは、化学療法の副作用が軽減されること。

チャーガ(カバノアナタケ)

チャーガ(カバノアナタケ)とは、極寒地帯のロシアや北欧の山林中の白樺の木に寄生し10~15年かけて成長するサルノコシカケ類のキノコ。 ガン、糖尿病、免疫力、血圧などによいとされている。ロシアでは胃腸の調子が悪い時にお茶のようにして飲む風習がある。市販のものの多くは菌糸培養によるも。

メシバコブ

メシマコブは桑の木に寄生するキノコで、栽培が困難であるため天然の姿品(キノコ)を確保することは、難しいとされています。しかし、近年、韓国でメシマコブの菌糸培養が成功。1993年にはメシマコブ菌糸体は、免疫機能増強剤として韓国で医薬品として認可。医薬品の注意事項に「ごくまれに吐き気、食欲不振、下痢、胃部不快感などの症状が表れることがある」と記載あり。

ハタケシメジ Fried Chicken Mushroom

キシメジ科のキノコの一種で、秋に道端や畑、あぜ道、人里にも顔を出ことが名前に由来。ガン、糖尿病、免疫力、血圧などによいとされている。

グルカンの【摂取】

  • グルカンは不溶性食物繊維質です。たくさん摂ると、体内の不要物だけでなく体に必要な栄養素まで排出してしまうことがあるので、カルシウムや鉄、ビタミンなども多めに補給することが大切です。
  • βグルカの摂取では 妊娠中、通院中、アレルギー疾患などの場合、医師と相談しましょう。
  • サプリメントで摂取する場合、使われている原料を確認しアレルゲンではないことをチェックしましょう。

βグルカンを過剰に摂取した場合

  • 胸部圧迫感や心筋障害など、心臓を弱める報告があります。
  • 霊芝を3~6ヶ月の長期間にわたり連続的に摂取した場合、口の渇き、めまい、顔面紅潮、胃部不快感、悪心、食欲不振、下痢、血便などの報告があるようです。

グルカン、βグルカンが不足した場合

  • 不足した場合の報告は無いようですが、グルカン(食物繊維)の不足は腸内環境を悪化させ様々な疾患の一因になります。

主な食品(βグルカン)

  • アガリクス
  • ハナビラタケ
  • メシマコブ
  • マイタケ
  • カバノアナタケ
  • 霊芝
  • 椎茸
  • パン酵母
  • 黒酵母
  • オーツ麦
  • 大麦
  • フコイダン

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:  http://eiyou.hontonano.jp/mt/mt-tb.cgi/39

コメントする(コメント入力フォーム)

release: March 13, 2008
update: August 12, 2008

Key words :

同様の効果がある他の栄養成分を見つけることができます
食品の栄養成分 基礎知識 カテゴリ
 
 

メタボの栄養 基礎知識2008