INDEX Page > 栄養メモ > 生姜 しょうが

生姜 しょうが

生姜は清涼感ある香りと辛みが食欲を増すが、いずれも含まれる精油成分によるものであるため、時間経過とともに、これらが持つ効力は失われる。
辛み成分としては下記の2つがある
・ジンゲロン(ジンゲロール)
・ショウガオール
生姜は、タンパク質分解酵素プロテアーゼを含み肉類を柔らかくしたり消化を助け、さらに、主には辛み成分の作用で次ぎのような効用がある。
強い殺菌作用/抗酸化作用/遺伝子の突然変異を抑制する作用(抗変異原性)/抗炎症作用

近畿中国四国農業研究センターのマウス実験による報告

最近、<6-ジンゲロールに血糖値を下げ上昇も抑える働き>があることが報告された。糖尿病などの生活習慣病の予防や改善に期待が高まります。
・6-ジンゲロールが血液中のグルコースを取り込む脂肪細胞を増やす
・6-ジンゲロールの濃度が高いほど前駆脂肪細胞から脂肪細胞へ分化する
・濃度100μMのときの脂肪細胞分化は、加えない場合の4倍以上
・新しくできた脂肪細胞で、グルコースを多く取り込むことも確認できた
同センターの関谷敬三・特産作物機能性グループ長は、
<6-ジンゲロールは、眠っている前駆脂肪細胞を目覚めさせて分化を促進し、小型の脂肪細胞を増やす。1つの脂肪細胞がインスリンに反応しやすくなり、グルコースを多く取り込むことも確認できた>と話す。
ヒトでの効果も早く解明してもらいたいものです。
http://www.naro.affrc.go.jp/top/seika/2005/kinki/ki05007.html

生姜の効果

● 食欲増進、消化吸収、血行促進、二日酔い、つわりの吐き気、他。
漢方では、咳を鎮め、痰を切り、嘔吐を抑え解熱や消化器系の機能亢進、腹痛、胃痛や便秘の解消など。
● 一部の生姜に含まれるガラクトン
精油成分ガラクトンは、血行促進、消炎症、胃もたれ、胸やけに効果などに効果があるとされていますが、輸入ものや一部の国内産には含まれていない。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:  http://eiyou.hontonano.jp/mt/mt-tb.cgi/60

コメントする(コメント入力フォーム)

release: August 15, 2008
update: August 16, 2008

Key words :

同様の効果がある他の栄養成分を見つけることができます
食品の栄養成分 基礎知識 カテゴリ
 
 

メタボの栄養 基礎知識2008