INDEX Page > 栄養メモ > 胡麻 ゴマリグナン

胡麻 ゴマリグナン

胡麻は、脂肪分 約50%以上、タンパク質約20%、糖分約15%、カルシウム等のミネラル成分が含まれる食物。脂肪分のほとんどは良質のリノール酸。(オレイン酸とリノール酸で約80%)
胡麻の脂質に含まれているゴマリグナン(ポリフェノールの一種)は、セサミンを始め、およそ6種類の抗酸化成分の総称。強い抗酸化作用がある。
ゴマリグナンにある抗酸化物:セサモリン・セサミン・セサモール・ピノレジノール・セサミノール・セサモリノール。この中で最も多いものがセサミン。

胡麻の効果

● 脂溶性のため肝臓まで届いて、肝臓機能を高めることができる
● 活性酸素を除去
● 二日酔い予防、美肌効果、貧血の予防、コレステロール抑制

ごまリグナンの効果

 ◎肝機能を改善する効果
 ◎コレステロールの上昇を抑え、血圧をさげる効果
 ◎二日酔いを防止
 ◎抗アレルギー
 ◎脂質代謝促進

関連

発芽ごま:抗酸化力アップ、栄養吸収力アップ、おいしさアップ
99%以上が輸入。2006年の輸入量や約16万トン。半分は搾油用。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:  http://eiyou.hontonano.jp/mt/mt-tb.cgi/57

コメントする(コメント入力フォーム)

release: August 14, 2008
update: August 16, 2008

Key words :

同様の効果がある他の栄養成分を見つけることができます
食品の栄養成分 基礎知識 カテゴリ
 
 

メタボの栄養 基礎知識2008