INDEX Page > 栄養メモ > (玄米)胚芽油、米油

(玄米)胚芽油、米油

玄米胚芽油とは、精米時に出る玄米の胚芽から取れる油のこと。米油は一般に、熱や光、空気による酸化安定性に優れており、揚げ物などの高温調理でも油酔いしにくいといわれる。玄米胚芽油とな何だろう? 小麦胚芽油というものもあるが、これは、ビタミンEなどの補給目的のサプリメント。

国産原料で安心?

植物油には、なたね油、大豆油、コーン油、こめ油、ゴマ油、ひまわり油などがあるが、安全性が問題となる昨今、米油は唯一、国産原料からつくられている。多くの場合、国内の精米所から「米ぬか」を集荷して精製している。「米ぬか」は玄米の表層部分や胚芽部分で、精白米にはないビタミンやミネラルがたくさん含まれている。

油酔いしない

揚げ物をしている人が気分を悪くする現象を「油酔い」と呼ぶが、これは加熱で油酔い物質アクロレインが発生する為。γ‐オリザノールなどにより、油酔い物質の発生が他の油に比べて少ない。

植物ステロールが最も多い「米油」

コレステロールの吸収を抑える「植物ステロール」が最も多い米胚芽油。植物ステロールは、腸管にあるコレステロールを吸収阻害し、自身も吸収されずに排出される。100g中の含有量は下記のとおり。
(米油は血中コレステロール分を下げる効果が植物油で最も高く、紅花油と混合するとその効果がさらに高くなる)
  米油: 961mg
  ごま油: 800mg
  なたね油: 760mg
  コーン油: 660mg
  オリーブ油: 339mg
  大豆油: 303mg
  べに花油: 283mg

玄米胚芽油の成分

ビタミン(E.B1.B2)、不飽和脂肪酸(リノール酸,リノレン酸)、アミノ酸などと、γ(ガンマ)オリザノール

玄米胚芽油の効果

● ビタミンEの強い抗酸化力で細胞を活性酸素から守る
● コレステロールの排出や酸化を防ぎ,動脈硬化や脳卒中、心臓病など循環器系の病気の予防
● γ(ガンマ)オリザノールが、自律神経に働きかけ更年期障害を改善

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:  http://eiyou.hontonano.jp/mt/mt-tb.cgi/52

release: August 7, 2008
update: August 7, 2008

Key words :

同様の効果がある他の栄養成分を見つけることができます
食品の栄養成分 基礎知識 カテゴリ
 
 

メタボの栄養 基礎知識2008