掲載一覧

ブラックコーヒー飲んで、ケンカに勝てるか?

 

睡眠から目覚めると、脳は脱水・エネルギー不足状態。砂糖(ブドウ糖に近い栄養)は、脳のエネルギーとして速効で効く。朝の一杯だけでもコーヒーに砂糖を入れる方が良いと思う。私はいつもはブラックですが、気が向いたときに入れた砂糖による "頭回ってる" は実感できます。

糖尿病、気分障害、そして「男性ホルモン」

アンドロゲン あんどろげん androgen

糖尿病や気分障害(うつ)、身近な疾患となっていますが、 このような疾患においては「男性ホルモン」の働きを知っておくべきですね。 糖尿病や気分障害が男性に多い、そして、それぞれの併合症にはインポテンスが示されています。「男性ホルモン」はどのように関係しているのでしょうか?  ここでは、小難しい話はナシにして、アスリートが目指している生活習慣「男性ホルモン分泌を円滑にする10か条」を見ましょう。

男性ホルモンは環境ホルモンで抑制されてる

環境ホルモン かんきょうほるもん Endocrine Disrupting Chemicals

「環境ホルモン」とは、生体の成長、生殖や行動に関するホルモンの作用を阻害する性質を持っている化学物質のことです。総体的に生殖系や発達系に影響している疑いがあるものですが、男性ホルモン分泌を抑制する、妊娠率を低下さる、男児の生殖器発達に影響する、などの報告があります。
それら多くの物質には蓄積性があり、体外に排出できない、生物の発生過程に関わり、子孫にも影響 ... など、疑わしき物質には注意です。まずは、身近なところに存在する物質を知っておきましょう。 ... 蚊取り線香が分泌抑制?!

アナフィラキシー

アナフィラキシー あなふぃらきしー anaphylaxis

アナフィラキシーとは、急性アレルギー反応の一つで症状が急激にあらわれることから、即時型(I型)アレルギーの花粉症・アレルギー性鼻炎・気管支喘息などと同じ疾患に分類されています。アナフィラキシーの特徴は、花粉症やアレルギー性鼻炎などと違って全身に症状があらわれること。消化器系と呼吸器系の複数の臓器で、あるいは急激に出現するものをアナフィラキシーと言い、即時型アレルギー全体の約10%がアナフィラキシーとみられています。また、希に、アナフィラキシーショック(急性の全身性ショック)といって、生命にかかわる最も重篤な状態となることがあります。

男性ホルモン・種類や働き・低値となる疾患

男性ホルモン だんせいほるもん androgen

男性ホルモン(アンドロゲン)は、コレステロールからつくられるステロイドホルモンで、数種類からなるホルモンをまとめて男性ホルモンといいます。
男性の場合、95%が睾丸(精巣)の中で、5%が副腎で合成・分泌されます。 女性の場合は、卵巣と副腎でテストステロンを合成・分泌しています。女性の男性ホルモン量は血中テストステロンで比べると、男性の5~10%、また、男性でも女性ホルモンを合成しています。

糖尿病の食べ物 GI値で見るインスリン抑制

インスリン いんすりん insulin

糖尿病はインスリン分泌の低下やその働きが弱まっている状態(インスリン抵抗性症候群)となっているのですが、血糖値の上昇を抑えるために食事療法が始められ「低エネルギー食」が指導されます。しかし、「どうしてこの食品がイイのか?」という疑問に簡単に答えてもらえません。なんとなく「そうですか!?」の状態です。そこで、食品の「GI値」(グリセミックインデックス)をチェック。インスリンダイエットをご存じの方は、馴染みある言葉でしょう。インスリンダイエットの是非は別として。

ダイエット成功者のグリセミックインデックス

グリセミックインデックス ぐりせっみいんでっくす Glycemic Index

このページに掲載するグリセミックインデックス(GI値)は、低インシュリンダイエットで成功された方のブログページから引用させていただきました。このインデックスでは、数値自体が他と大きく違うわけではなく、食品アイテムが多少多くなっています。

抜け毛の原因

ぬけげのげんいん

大手企業の「育毛」のページを見てみました。健康によいとされていることが「抜け毛」の対策にもなるようで、髪の毛も同じなのですね。といっても、私の周りでは、「はげ」と「メタボ」・「糖尿」・「高血圧」などが合併している方はいらっしゃらいようですが。... そう言えば、最近、見かけないハゲ。

メタボ予防には、手ですり下ろした "大根おろし"

 

大根おろしを常食することで、糖尿病や高血圧が改善するそうです。
この季節、キャベツにしようか?、大根にしようか?、迷います。
が、大根の方が安いカナ。《若い大根 = 辛い = 夏大根 = 食べる》です。

血糖 vs. インスリンを元気にする栄養成分・食べ物

血糖(値)を食べ物でコントロールする

メタボリック症候群に不安を覚える、生活習慣病に"なんとなく"将来の不安を感じる、誰も同じです。糖尿病との診断をもらうと次は網膜症などの様々な併合症を心配する生活が始まります。何もしないと不安ばかりが増えてしまう。

さて、メタボリック症候群とは別名インスリン抵抗性症候群、つまり、インスリンの働きが悪い状態がベースになっている疾患のこと。血液中ではブドウ糖が過剰になります。この状態を数年続けると肥満が始まり、さらに数年(十数年?)で先に書いたような不安な生活の始まりです。

食品の栄養成分 基礎知識 カテゴリ
  • [16]
    • [13]
    • [1]
    • [2]
    • [1]
    • [2]
  • [2]
  • [3]
    • [1]
    • [1]
  • [2]
    • [2]
  • [13]
    • [9]
    • [4]
    • [1]
  • [5]
  • [1]
  • [1]
    • [1]
  • [10]
  • [20]
 
 

メタボの栄養 基礎知識2008